「ワルツ」 原田和明オートマタ
5ea6a8dd55fa035853715fe9 5ea6a8dd55fa035853715fe9 5ea6a8dd55fa035853715fe9 5ea6a8dd55fa035853715fe9 5ea6a8dd55fa035853715fe9 5ea6a8dd55fa035853715fe9

「ワルツ」 原田和明オートマタ

¥81,483 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

本当に踊っているようかのように動きます。カップの持ち手の重なり具合でハート型に見えるきがするのは、考え過ぎでしょうか。 有馬玩具博物館のクリエイティブ・ディレクターを務める原田和明氏の作品。 1974 年山口県光市生まれ。山口大学人文学部卒業。専攻は美学・美術史。 2002 年、広島で会社勤めをしていた時、西田明夫著『動くおもちゃ AUTOMATA』を読んだことがきっかけでオートマタ制作を始める。2005 年、オートマタ作家になることを決意し、会社を退職。2006 年、渡英。ファルマス芸術大学大学院現代工芸コースに通 いながら、オートマタの第一人者マット・スミス氏の工房で腕を磨き、2007 年末帰国。翌年、山口市に工房『二象舎』を構え、オートマタの制作や世界のオートマタ展の企画制作を手がけている。 オートマタの殿堂キャバレー・メカニカル・シアターに名を連ねる唯一の日本人作家であり、中学校の道徳の教材や雑誌で紹介されるなど、年々、注目度が高まっている。